COLUMN

コラム

ペーパークラフトを作ろう①
ソフトウェアをインストールしてみよう!

コラム「3DCGに挑戦しよう!③テクスチャ・マッピング」で作成したサイコロをペーパークラフトにしてみましょう! ペーパークラフトは3Dデータを立体化するのに短い時間で作成できるため、趣味だけでなくパッケージデザインや建築模型など幅広い分野で使われいます。
ペパクラデザイナーというソフトウェアを使ってペーパークラフトを作成していきます。

はじめに

今回は、先日VALEDコラムでも紹介しました「3Dに挑戦しよう!③ テクスチャを設定しよう!」で作成したサイコロをペーパークラフトにしてみたいと思います。

ペパクラデザイナーはペーパークラフト用の展開図を作成するための多摩ソフトウエア有限会社が開発・販売しているWindows用ソフトウェアです。

ペパクラデザイナーを使ったペーパークラフトを作るまでの流れは下図になります。

  • 3Dデータ作成
  • 3Dデータ読込
  • 展開
  • 展開図編集
  • 展開図印刷
  • 組み立て

今回はペパクラデザイナーのインストールから起動までを紹介してみたいと思います。

ペパクラデザイナーのインストール

まずはさっそく、ペパクラデザイナーのダウンロードからインストールまでをしてみたいと思います。

ペパクラデザイナーのダウンロードは無料で行うことができますが、作ったデータを保存したりするためには、製品ライセンスキーの購入と登録までが必要となりますので、こちらを順番に説明したいと思います。

image

https://tamasoft.co.jp/pepakura/ こちらから、直接ペパクラデザイナー4ダウンロード版をダウンロードします。

image

② ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックしてインストールします。

③ [次へ]をクリックします。

image

④ 契約書の中身をよく読み、 [同意する]をクリックします。

⑤ [次へ]を押し先へ進んでいくとインストールが完了します。

ペパクラデザイナーのダウンロードまでは無料ですが、ライセンスキーがないと保存や出力に制限がありますので、続いてはライセンスを購入してみたいとおもいます。

ライセンスの購入

ライセンスの購入は、こちらから可能になっております。

image

① こちらのページから、ペパクラデザイナーのダウンロード版ライセンスキーを購入します。

② 支払いの確認が終わるとシリアルNO(※)が送られてきます。

※ 発行まで数日かかります。

ペパクラデザイナーの起動

ではさっそくペパクラデザイナーを起動してみましょう!

image

① Windowsのスタートメニューより[ペパクラデザイナー4]>[ペパクラデザイナー4]を選択し、起動します。

image

② 起動すると図のような画面が立ち上がります。さっそくライセンスキーを入力し、制限を解除しましょう。

image

③ [ヘルプ]メニューより、[ライセンスキーの入力]を選択します。

④ 送付されたライセンスキーを入力し、[OK]をクリックします。

あとがき

いかがでしたでしょうか?今回はペパクラデザイナーを使ったペーパークラフト作成の概念~ソフトのインストールまでを行いました。
次回はさっそく、インストールしたソフトウェアを使ってみましょう!!

ペーパークラフトを作ろう① ソフトウェアをインストールしてみよう!

関連記事

人気の記事
タグ一覧
バレッドキッズ新規生徒募集
バレッドアカデミー
バレッドキッズ先生募集