SERVICE

事業内容

通じる英語力を診断する
「国際検定」G-TELP

本当に通じる英語力を診断できる国際英検「G-TELP」

G-TELP

G-TELPは、英語を母国語としない人たち(たとえば、わたしたち日本人など)が、実際の場面でどれだけ英語でコミュニケーションがとれるか、その力を測るテストです。

「本当に通用する英語」を測れる

G-TELP

G-TELPという名前は'General Tests of English Language Proficiency'の、それぞれの単語の頭文字をとったもので、「実用的な英語の熟達度を測るテスト」・・・つまり、「アカデミックな英語」、「ビジネス英語」の力だけではなく、日常生活の場面で英語を自由にあやつる力に焦点をあてたテストです。

試験問題は実際に使われているナマの英語が素材になっています。たとえば、ショップでの店員さんとお客さんのやりとりや、お父さんと娘の会話、仲のよい友だちへの手紙、電車の時刻表に関する問題など多岐に渡ります。

G-TELPは、「わたしの英語力は、はたしてどれだけ"実際に通じる"のか知りたい!」と思っている方にはうってつけのテストです。

FEATURE

  • いつでも、どこでも(オンデマンド受験)

    G-TELPのオンデマンドテストを新入生のクラス編成のためのプレースメントテストとしてご活用される大学が増えています。お忙しい時期でも、G-TELPオンデマンドテストでスムーズなテスト実施、クラス編成などが可能です。

  • 4段階のレベル別判定

    G-TELPはレベルが4つに別れています。学生のレベルに合ったテストレベルを選択することで、得点がばらつきやすくなり、クラス編成に最適です。

  • 迅速なフィードバック(クイックレポート)

    短期間で行う履修登録にも間に合います。クラス分けに使用される大学が多いのも納得の速さ。最短翌日(要相談)には結果レポートがフィードバックされます。

  • 弱点が一目でわかる(スコアレポート)

    Grammar、Listening、Reading&Vocabulary の3セクションの結果と別に、各セクション毎に数種類のタスクによる問題内容別の結果など詳細なスコアレポートをお出しします。

  • 多様なデータ・クラス分け資料も作成

    クラス分けのルールを事前にお知らせいただければ、そのルールに基づいてクラス分けを行ったデータを作成してご報告します。

  • 全国約100大学・短期大学にて実施

    実績は信頼の高さを表しています。受験者1,000名以上、全学規模で実施いただいている大学も多数ございます。

  • 認定証発行

    英語力を証明する資格の一つとして認定証を発行します。 公式のスコアとして履歴書に記入できます。就職活動中の学生の方にも、TOEIC プラスアルファの英語力を示す資格としてもお薦めです。

運営事業