VISION

教育理念

学ぶことによって、私たちは進化する

学ぶことによって、私たちは進化する

まなぶ」の語源は「真似まねぶ」だとも言われています。長い歴史の中で人類は自然から多くのことを学び、それを伝えることによって進化・発展をしてきました。

現在も私たちは先人たちの「学び」から多くの知恵を受け継いでいます。

「新たな価値」を生み出す力

「新たな価値」を生み出す力

科学技術の発展により人工知能(AI)の研究開発が進むことで、私たちの生活はより便利なものになりつつあります。一方で、人工知能研究の権威であるレイ・カーツワイル博士らは「2045年にはAIが人間の知能を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に到達する」と予測しています。シンギュラリティの到来については様々な考え方がありますが、私たちの生活が大きな変革期を迎えていることは間違いなく、進化の方向に歯止めをかけることができなくなっていることは間違いなさそうです。

「あと10~20年で、49%の職業が機械に代替される可能性がある。」
(野村総合研究所・オックスフォード大学 マイケル A. オズボーン准教授の計算 2015)

18世紀の産業革命以上に劇的かつ加速度的なスピードで変化する時代を生きるためには、単なる知識や技能を身につけるだけでだけでなく、コンピューターには代替えできない、新しい価値を生み出す力として論理的思考力や創造力、テクノロジーを使いこなす情報活用力などが求められています。

何を学ぶか、どうやって学ぶか

何を学ぶか、どうやって学ぶか

理系の人たちだけがテクノロジーについて学べばいいという時代は終わりました。子どもも大人も、これからの時代を生きるすべての人々にとって情報活用力は必須のものとなります。

世界中のあらゆる地域がインターネットでつながり、「情報の国境」は無くなりつつあります。自宅に居ながらにして、世界の様々な世代の人とコミュニケーションを取ることができる時代。学びの方法も変化をし始めています。

知識として先人の知見を学ぶこと。それをベースに自分で考えること。他者と協働すること。そして今までにない「何か」を生み出すこと。人が学び続けるその先にはきっと輝かしい未来が待っているはずです。